シンガポールぐらし。2022年〜

シンガポールへの海外転勤帯同&生活のあれこれ(2022年〜)

シンガポール引越準備 参考サイト編

海外転勤帯同にあたって、参考にしたサイトなど。(随時更新予定です)

 

シンガライフ

更新頻度も高くて、内容も余りキラキラしてなくて良かったです。

(当時調べものをしていると「キラキラなシンガポール生活Instagram」が沢山出てきて、疲れてしまったいたので。)今でもよく見ています。

singalife.com

海外赴任NAVI

world.relocation.jp

 とりあえず一通り目を通しました。

広告と記事が混在していて、ちょっとわかりにくいところもあります。

日本通運

www.nittsu.co.jp

会社の指定が日通じゃなかったので、細かい説明が受けられず…。こちらを見て心構えをしてました。

在日本シンガポール大使館

www.sg.emb-japan.go.jp

当時はコロナ禍の隔離期間のある時期だったので、こちらで隔離に関する情報などをチェックしていました。

 

シンガライフは生活上で絶対必要な情報を時々リマインドしてくれるの
ありがたいです。

 

the Art Faculty に行ってきました。(2022.08追記)

the Art Faculty に行ってきました。

 来星以来、ちょこちょこお出かけして美味しいものをいただいたりできていますが、

 私が食レポとかブログに上手に書ける気がせず、もっぱらInstagramに写真をあげて自分のアルバム代わりにしています。

そんな私ですが、「行ってきた」レポにチャレンジ!

the Art Faculty に行ってきました。

イーストウエストライン(東西線?)レッドヒル(red hill) 駅から徒歩5分ほどの所のThe Art Faculty  に行ってきました。

 

 駅からはゆるい上り坂ですが、ずっと日除け付きです♪

敷地全体が障害者支援施設になっていて、中のショップで素敵な雑貨が買えるらしい!と知り。(何で知ったか忘れました…Instagram?)

地図です。緑のところが雑貨屋さんのある建物。帰りは池の形を覚えていないと迷います。

 

店内は、ポーチ・保冷バック・タブレットケース・動物柄Tシャツ・日傘やカップやタンブラーととっても種類が豊富! 

 日本で見ていた障害者支援のバザーでの商品とはちょっと違う(主旨も違うのだと思いますが)本当にギフトとして差し上げても相手は福祉系のお店だと気づかない!いい意味でちゃんとした「商品」だと思います。↓写真の通り箱?もしっかりしています。

 

 店内写真が見たい人は、Googleマップで(店内写真を撮る勇気がありません)

www.google.co.jp

いきなりですが購入品です。 マスクは、「医療レベル」と書いてあります特殊生地でした。
続きを読む

シンガポールでも日本のゲームがしたい!テレビが見たい!(VPNについて)

シンガポールに引っ越しが決まり。

 

そういえば、今しているゲームアプリはどうなるのか⁉

日本のテレビは全く見られないの?

何とかしたい!

 

 

と思い、色々調べました。VPNというサービスがあることに複数の記事からたどり着く…。

続きを読む

EMSを使ってみた。(セカンドポスト&Amazon編)

 EMS(国際スピード郵便・小包)

www.post.japanpost.jp

を利用して、日本での通販商品をシンガポールに転送してみました。

この記事は、EMSの利用と国際転送サービス「2ndポスト」の利用体験記です。(2022年)

続きを読む

引越準備(船便編)

航空便の搬出が終わったら、次は船便の準備です。

 

 家具、家財小物類まで全て

・トランクルーム

・船便

・処分

など行き先を考えなければなりません。 ものすごく手間でした。思い出したくない。

加えて当時は、航空便と同じように1つずつ全て数えて保険金額を決めなければならないと思っていたことあり、恐怖でした。

 

 もちろん作業量に個人差あるとは思いますが、子供が中学生で一番学用品や書籍を持ってる年齢ということもあり、正直なところ途方にくれました。

 

 本が多いと検閲があり到着が遅れるとの話もあり、子供達と相談して大量の本をBOOKOFFに売りました。

  家電も、お気に入りのシャープのヘルシオは持って行きたかったのですが、ギリギリになってなんとコンドミニアムオーナーが電子レンジを買ってくれることになり(笑。理由は不明です)

けれど当然買ってくれたのは、単機能レンジでした…。

続きを読む

引越準備(航空便編)

引越準備 (航空便編) 2022年3月

*航空便の利用方法や、重量制限などは勤務先によって大きく異なるようです。

あくまでも1つのケースですので…。

 

 航空便の利用は、重量120㎏で、2回に分けて(2回合計で120㎏)も利用もOKというのが大まかな条件でした。

 

 現地ですぐに必要になる物を中心に選びました。

・食器(いつも使っている物を中心に)

・調理器具(いつも使っている物中心に 鍋・菜箸など)

・マスク・ウエットティッシュ(時節柄)

・フロアワイパー

・洗濯用品(小型の物干し台)(当時コロナ隔離が想定されていたため、物干しロープは手荷物に入れていました)

・寝具(夏掛け布団・マットレスカバー)

・タオル(浴用タオル)

・夫のゴルフ用品

・子供の学用品(参考書など手荷物にするほどではないが現地ですぐに使いたい物)

 

荷だしの数日前に重量を量り90キロくらいに収めて当日を待ちました。

-------------------

ですが!?

当日業者さんのお話を聞いてびっくり!

続きを読む

とりあえず片付ける?? 海外転居前のメダカさんの引っ越し。

重い話題が続いたので。2021年12月のお話です。

 

引っ越しと言えば片付け。

行き先は常夏。先月末ブーツ買ったばかりなのに。

 

転勤族ではありますが

N市にずっと住む。

という私の夢を反映した部屋になりつつあったので。

 その夢の一部だった可愛いメダカさん達。

寒くなる前に「メダカ」を引っ越しさせなくては!

あれこれ忙しくなる前に!!

 

 以前から、万一飼えなくなったときに使えるのではないかと思っていた「ジモティ」に投稿。飼育用品込みで無料で投稿したところ、お子さんが居る家庭の方がすぐに引き取りに来てくれることになった。

 無料+飼育用品一式(どころか睡蓮鉢2個分の用品)が付いてくるからか、たった5分で6件もの問い合わせがありビックリ。投稿だけして、のんびり里親さんを探そうと思っていたのに、あっという間のお別れになってしまった。

f:id:syuko5154:20211223213057j:plain

f:id:syuko5154:20211223213117j:plain

 今も元気にしてるかな? 

知り合いや友人にあげなかったのは、負担になったら悪いなあとおもったので。

メダカは丈夫と言いますが、結構あっけなく亡くなってしまう。 安定して飼えるまで、私も大変だったから。

 

追記 後日別の物品をジモティに乗せたところ、そちらも欲しいというメッセージとメダカ元気ですよとのお知らせを頂きました。本当にうれしかった!

 

ジモティについて〉 

値段を欲張ってつけなければ、その後、屋外用樹脂チェア・プランター台・レゴブロックなどをジモティで取引できました。ゴミに捨てるのがもったいないだけで、ただでも良いから貰って欲しい物のある人にはジモティはお勧めです。

 

 受け渡しも、「人目のあるところで」と利用ガイドに書いています。

人の多い駅近くの公園で車の一時停車しやすいところを待ち合わせ場所にしたり、夫に同行して貰う等して一人にならないようにしました。