シンガポールぐらし。2022年〜

シンガポールへの海外転勤帯同&生活のあれこれ(2022年〜)

シンガポールでは現金が要らないってホント???

現金はいらないの???

入国前シンガポールについて調べていると「クレジットカードがあれば現金は要らない」「現金の流通を止めるらしい」というような情報が…。

日本が現金主義過ぎるというニュースも度々見ていたので「そうか…先進国ってそういう感じなのね〜」と思って現金は余り両替せず。クレジットカードは VISA・MASTERとももっていました。

 

実際暮らしてみると…。

現金要ると思います!(ある程度は)

決済方法の種類としては

1.クレジット又はデビットカードのみあればOK→デパート、大型ショッピングモール、コンビニ、スーパーマーケット

2.現金のみ→ホーカー、ウエットマーケット、小規模商店(モール内でも)

3.NETS・GRABなど決まった決済方法または現金→小規模飲食、アウトレット的な激安店

という感じです。

 

ここでのクレジットカードはpay Wave機能が付いているもののことです。…。付いていないと断られたことがありました。(日本で発行のクレカ)↓payWave について

個人のお客さま | 決済テクノロジー | Visa payWave | Visa

ピッてするだけで暗証とか何も要らないタイプの支払い方法です。地下鉄もそのまま乗れます。カード決裁機に差して、レシートに署名してという支払い方法はこちらでは殆ど見かけません。

 

クレカは9ドル以上から使用可とか、条件の付いている店舗もあります。NETSの支払いは暗証番号が必要です。帯同していてデビットカードの暗証を夫しか知らない等の場合使えないと思います。

 

 ホーカーは低価格なので多額の現金は要りませんが、私はマーケットによく買い物に行くのでその時に現金が結構いります。(お魚高いんです…まとめ買いすると50ドル近いことも)

 モール内や立派なビル内でも、現金しか使えない店に稀に遭遇するので(しかも安くない)そういうときの為にもある程度の現金は持っていた方がと思います。

 実際、カードが使える店でも現金払いしている人を多く見かけますし、地下鉄の乗車用ICカードのチャージについても、現金でしている人しか見た事ありません…。

 

住んで短いですが今のところ(2022年7月)そんな感じで、全てキャッシュレスとは行かないみたいです。

 

お魚をドン!香味野菜と蒸しただけという料理が度々・・