シンガポールぐらし。2022年〜

シンガポールへの海外転勤帯同&生活のあれこれ(2022年〜)

シンガポールでパン作り。Phoon Huat

日本に居たときもちょこちょことパンを焼いていたので。

製パンの材料を買いに、ジュロンイーストの

RedMan by Phoon Huat

Phoon Huat – Since 1947

に行ってきました。

 

パン用小麦粉は分かりやすくて

BREAD FLOUR 

です。強力粉ですね。

 リスドオル(準強力粉)が欲しいなあと思って探していたら、

で、日本の富澤商店のリスドォル(日清製粉)という準強力粉も売ってました!

が、1キロで8ドル…?あれこんなに高かった??と思って買えませんでした。

代わりに、中力粉↓ PLAIN FLOUR を購入。リスドオルは初めからモルトが入っているのですが、こちらは単純に中力粉です。クッキー用という感じの写真。



 そのほかにも、ちょこちょこ富澤商店の商品がそのまま売られています。パン用小麦で人気の「きたのかおり」「はるゆたか」など。

ドライイーストも、日本では「赤サフ」使ってる人が多かったとも思いますが、富澤オリジナル?のイーストを売っていました。少量個包装で嬉しいですね。日本製以外で3グラムパック見た事ないので。

tomiz.com

 

でも、どの商品も日本の倍近い値段のようです…。富澤商店の商品として、わらび粉や白餡などもありました。 どうしても食べたくなったら作れます。

モルトシロップも欲しかったのですが、店頭に在庫がありませんでした。

沢山店舗があるようなので、今度他の店舗にも行ってみたいと思います!

いい感じに気泡たっぷりのフォカッチャできました。

+++追記+++

粉だけなら、フェアプライスでも買えます〜。イーストも売ってることも。

 

パンに関するLink(シンガポールと関係ないです)

www.homemade.co.jp

ベーシックの基本6レッスンとイベントにちょこっと参加していました。

順を追わないと、ハード系のパンが焼けないのが正直なところ不満でした。

全ての種類ののパンをきっちり焼けるようになりたい人には良いと思います。私は、カリキュラムにしばらく菓子パンが続くのを見て退会しました。

あと、担当講師が「叩き捏ね」が至上の人だったので、肩痛めました…。

 

www.youtube.com

楽して、パン教室より美味しいパンが焼けてしまうので最近はこのサイトのパンばかり作っています。

ライブパン教室が大好きでしたが、実店舗を持たれたのでもう開催されないかなあ…。